業務用エアコンの故障は、ほとんどが突然やってきます!

2020/08/07 ブログ

業務用エアコンの故障は、そのほとんどが突然に起こります。

特に故障が多いのは、7・8月の真夏と12月~2月頃の真冬の時期です。


[もしかするとこんな症状が出ていませんか?]

最近エアコンが冷えなくなってきた
冷える温度にムラがある
エアコン稼働時の動作音が大きい
エアコンから臭いがする
急にエアコン送風口から、水が漏れてきた
エアコンの電源を入れても動かない

このような症状が出て来たら、エアコンの異常サイン!


先日の記事でも書きましたが、エアコンの主な故障の原因は、
そのほとんどがフィルターや熱交換器の汚れの蓄積です。


これらを放置しておくと、、、

エアコンの完全機能停止
エアコン能力ダウン
エアコン内部のカビや雑菌増殖

等が起きてしまい、修理では対応できなくなり、大部分の部品の交換や、
場合によってはエアコン本体を交換しなければならなくなってしまい、
費用も大きくかかってしまいます。


そうならないためにも、異常のサインを感じたら早目の対応をして下さいね。

業務用エアコンの事でお困りの事がありましたら、当社までお気軽にご相談下さい。

 

良くある 業務用エアコン エラーコード はこちら!
業務用エアコン エラーコード 一覧 はこちら!

 

東京・埼玉・千葉エリアで、業務用空調・業務用エアコンの修理・メンテナンスなら、株式会社空研メンテナンスまで。